Facebook Twitter Gplus YouTube RSS
Home スタッフブログ ハイビジョンピッチング映像システム開発への想い
formats

ハイビジョンピッチング映像システム開発への想い

弊社は、昭和52年にバッティングセンターを開設し、

10数年前にピッチング映像システムを導入しました。

現在では、そのピッチング映像システムが故障したときに

修理や部品の交換を頼もうとしても製造中止や修理が困難の状況

それならば、新しいピッチング映像システムを導入しようと検討しましたが、

価格が高すぎるという状況でした。

 

そこで、市場にないなら『自分たちで開発しよう』と決めました。

開発のコンセプトは

高性能』で『低価格』そして『操作が簡単』ということに重点を置き

開発に着手し完成に至りました。

 

『バッティングセンター35年の実績』と

『従来のピッチング映像システムを利用し経験』から

ハイビジョンピッチング映像システムを開発いたしました。

私たちがピッチング映像システムを導入検討したときのニーズは、

どこのバッテイングセンター様でも同じと考えています。

私たちの想いを確実に叶えられる

弊社のハイビジョンピッチング映像システムの導入をご検討ください。

 

代表取締役 中山 博人

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 株式会社 ミヤバッティングスタジアム, All Rights Reserved.